カート
人気 検索 キーワード 強力レーザーポインターカラス レーザーポインター
ホーム>レーザーホインター店長ブログ>レーザーの作業原理

レーザーポインターの作業原理及び応用

1.レーザーポインターはレーザー光を射し出せる装置です。作業媒体によって、気体レーザー、固体レーザー、半導体レーザーと染料レーザー四種類に分けている。近年、自由電子レーザーポインターも発見されました。ハイパワーレーザーポインターの輸出は大体パルス式です。

レーザーモジュール

緑色 レーザー 原理

自由電子レーザーポインター以外、ほかの各種グリーンレーザーポインターの作業原理は大体同じです。レーザーを発生できる欠けない条件は粒子数の 反転 分布及び利得は損失より大きい。だから、装置の中に欠けない物は 励起 光源( ポンピング )と準 安定 準 位 の作業媒体の二つです。励起は作業媒体が外からのエネルギーを吸収して、励起 状態 へ発送して、粒子数の 反転 分布を実現と維持するために条件を作る事です。励起 方法は光学励起 、電気励起 、化学励起 と核励起 などがあります。

レーザーポインターから射し出した光は純粋で、安定です。広い範囲に応用されている:

1:ルビーレーザー:最初のレーザーはルビーが明滅する電球に励起されて、レーザーが発見されました。射し出したレーザーはパルス式レーザーで、連続で安定の束ではありませんでした。あの時のレーザーポインターから発生したレーザーは今使ってるポインターダイオードから発生したレーザーは本質的に違います。このような何nsしか維持できない強い光は移動し易い物体の撮影に似合います。例えば、ホログラムの 人物 肖像 画を撮影する。一枚目レーザー肖像画は1967年に誕生しました。ルビーレーザーは高いルビーが求めているが、短いパルス式レーザーしか発生できません。

レーザーポインターは普通三つの部分あります

1:作業物質:これはレーザーポインターの肝心部です。準 位 間 遷移することができる物質しかレーザーポインターの作業物質になりません。

2:励起エネルギー:励起エネルギーの作用は作業物質にエネルギーを輸出することです。原子を低エネルギーから高エネルギーへ励起させます。よくあるのは、 光 エネルギー、熱エネルギー、電気エネルギー、光学エネルギー等。

3:光学共振 器:
作用一、作業物質の励起された放射を航続させる。
作用二、光子に加速続ける。
作用三、レーザー輸出方向を制限する。

売れ筋 ランキング
グリーンレーザー

通常価格:42,000円

販売価格:21,000円

カートに入れる
強力レーザー

通常価格:31,855円

販売価格:17,500円

カートに入れる
カラス撃退対策

通常価格:19,980円

販売価格:9,990円

カートに入れる
2004~2019 lasernoble.com. All rights reserved.