カート
人気 検索 キーワード 強力レーザーポインターカラス レーザーポインター
ホーム>レーザーホインター店長ブログ>懐中電灯 材質比較

懐中電灯の外殻がよく使う材料:

1.アルミ材質:よく見える懐中電灯が使う材料です、値段は安くて、軽くて、加工に易い、表面に陽極メッキ処理してから良い耐摩耗 性能が得られる、色も綺麗に仕上がりできる。

ライト付レーザーポインター

銅製材質 懐中電灯:

良くレーザー懐中電灯に使う。ちょっと重い、放熱性能が良い。表面処理だけは硬さが守れない。だから、よくメッキとか塗装(焼付 塗装)とか主にする。

チタニウム材質 懐中電灯:

軽い、加工は結構難しい、値段は結構高い、放熱性も悪い、表面は化学処理しなくて良い、表面は化学処理は難しい、よく物理処理する、糸 引き、艶消し、鏡面仕上げ、 サンドブラスト等。

懐中電灯を安全に使う方法:

1.ビームを直接目へ照射禁止、傷害になり易い。
2.超圧使用しないでください。電池の正極は前向き、逆につけないように、ご注意ください。逆にすると、回路基板を焼き壊れ○可能性が高い。懐中電灯の温度をよくご注意ください。非専門者は勝手に回路基板を解かないでください。
3.充電する時、正負極をご注意してください。電池の命を保護する為に、過充電過放電しないようにください。ご注意:充電電池は電量を完全に使い終わると、もう充電できなくなります。
4.懐中電灯を使う前、各部品が揺れるかどうかご確認ください。
5.高温環境中、太陽の下とかに置かないでください。使用しないとき、電池を外して満充電してから涼しくて乾燥な場所に置いてください。
6.懐中電灯は軽い防水能力があります。雨水に濡れると大丈夫が、ダイビングには使えません。だから、長時間に水の中に入れないようにお願いいたします。
7. “O”型リング(密封リング)を維持するために、及び螺子を順調に動けるために、2-3回/年に、表面にワセリン油などを拭いて下さい。

売れ筋 ランキング
グリーンレーザー

通常価格:42,000円

販売価格:21,000円

カートに入れる
強力レーザー

通常価格:31,855円

販売価格:17,500円

カートに入れる
カラス撃退対策

通常価格:19,980円

販売価格:9,990円

カートに入れる
2004~2019 lasernoble.com. All rights reserved.