カート
人気 検索 キーワード 強力レーザーポインターカラス レーザーポインター
ホーム>レーザーホインター店長ブログ>HeNe レーザー/レーザーダイオードについて

HeNe レーザー

1960年に、科学者Ali Javan、William R.Brennet Jr.とDonald HerriotはHeNe レーザーポインターを発明しました。これは一台目気体レーザーポインター、このようなレーザーポインターはホログラムカメラマンによく使う設備です。

メリット二つある:

1.連続レーザーを発生して、輸出する。

2.フラッシャーで励起しなくよい、直接電気で気体を励起する。

レーザーダイオード モジュール

レーザーダイオードは

レーザーダイオードは今一番良く使ってるレーザーポインターです。ダイオードの PN 接合両側の電子と 正 孔の自発接合によって発光する現象は自発反射と言われます。自発反射で発生した光子は半導体から通す時、発射した電子--正 孔の近くにいると、2者の接合を励起できて、新しい光子を発生します。このような光子で励起された キャリアを誘発して、光子と接合して新しい光子を発生させる現象は 誘導 放出と呼ばれます。


半導体レーザーダイオード

輸入した電流は十分だったら、熱的に平衡な状態と反対的な キャリア分布(粒子数反転分布)になります。 能動 層内のキャリアは大幅に反転分子の状態になると、少量自発反射した光子は共振 器両端面往復反射によって 誘導 放出が発生して、 周波数 選択の共振 正 帰還 になります、或いは、一定 周波数 に利得です。利得は損失より大きい時、PN接合から 良いスペクトル 線あるの干渉 光--レーザーを発生できます。レーザーダイオードの発明によって、レーザーを迅速に汎用できることを実現させました。各メッセージのスキャン、光 ファイバ 通信、レーザーで距離測定、 レーザ レーダ、レーザアルバム、レーザーポインター、スーパーで現金の検出など。いろんな応用は徐々に開発されて汎用して行きます。

レーザーポインターは普通三つの部分あります

1:作業物質:これはレーザーポインターの肝心部です。準 位 間 遷移することができる物質しかレーザーポインターの作業物質になりません。

2:励起エネルギー:励起エネルギーの作用は作業物質にエネルギーを輸出することです。原子を低エネルギーから高エネルギーへ励起させます。よくあるのは、 光 エネルギー、熱エネルギー、電気エネルギー、光学エネルギー等。

3:光学共振 器:
作用一、作業物質の励起された放射を航続させる。
作用二、光子に加速続ける。
作用三、レーザー輸出方向を制限する。
一番簡単な光学共振 器はHeNe レーザの両端に置いた互いに 平行である二つの反射鏡からなりました。ネオン原子は粒子数の反転分布できる二つのエネルギーの中遷移できて、レーザー方向に平行する光子を放射出す時から、これらの光子は反射鏡の間で行ったり来たりして、励起された放射を続けさせて、強いレーザーを射し出すことができます。

売れ筋 ランキング
グリーンレーザー

通常価格:42,000円

販売価格:21,000円

カートに入れる
強力レーザー

通常価格:31,855円

販売価格:17,500円

カートに入れる
カラス撃退対策

通常価格:19,980円

販売価格:9,990円

カートに入れる
2004~2019 lasernoble.com. All rights reserved.