カート
ホーム>レーザーホインター店長ブログ>レーザーペンで猫をからかう時の注意点5つ

レーザーペンで猫をからかう時の注意点5つ

多くの猫の主人はレーザーポインターで猫をからかうのが好きです。人も猫も楽しいです。しかし、私たちは猫をからかうレーザーポインターを使う時、まだ以下の点に注意しなければなりません。

1.パターン付きのレーザーペンは使わないでください。

多くの人が楽しさを増すために、違った絵柄を撮れるレーザーペンを買いました。確かに、これらのレーザーポインターは面白いですが、多くの猫にとっては、それらを驚かすかもしれません。

この前、猫が食べ物を食べる時、絵柄のレーザーポインターで猫のお尻の後ろを照らしました。その結果、猫は食べ終わって振り返ると、びっくりして飛び上がってしまいました。猫のお尻の後ろにキュウリを置くような効果があります。猫の心理的な受容力がよければ、耐えられない人に出会ったら、猫は緊張しすぎてしまうかもしれません。害はかなり大きいですので、もしレーザーペンを買うなら、絵柄のあるものは買わないでください。これは大変です。猫を驚かすからです。

レーザーポインター猫用

2.猫の目を撮らないでください。

レーザーポインターの光が強いです。人の目も猫の目も、この強い光には耐えられない。猫の目が長時間照射されると、猫に不可逆的な目にダメージを与える可能性が高いです。

直接照射のほか、間接照射も禁止されています。例えば、鏡などの滑らかな物体の屈折も猫の目にダメージを与えます。ですから、猫をからかう時は、直接または間接的に猫の目を照射しないでください。

3、照射点に注意する:

猫用 レーザーポインターの赤い点に対して気違いじみた愛着を持っていますので、レーザーペンを使う時は必ず照射点に注意してください。そして、物体を避けたほうがいいです。使う時は猫がそれにぶつかって遊んで、猫にダメージを与えやすいです。

また、家に植木鉢などの割れやすいものがあれば、レーザーペンで照射しないでください。ぶち倒されても猫を責めるな!ある時友達はレーザーポインターで水族の箱を照射しました。魚や猫に悪い影響を与えると考えられます。

4.影響に注意する:

赤いレーザースポットで猫が暴落すると、爪が突き出ます。主に摩擦力を増加させるために、攻撃の力とスピードをもっと大きくします。これは必然的に猫の爪を板に接触させます。木の床が爪痕を傷つけられたら、弁償できません。

5.使用時間に注意。

猫の爪が床をこすると音が一定します。特に夜です。これは隣近所への小さな騒音です。だからみんなは遊ぶ時影響に注意します!

2004~2021 lasernoble.com. All rights reserved.
【厳選おススメ 100%正規品保証!】【最安挑戦&全品送料無料!】【安心の1年間保証付き!】
【どうみてもお得過ぎるこの機会をお見逃しなく!】