カート
ホーム>レーザーホインター店長ブログ>高出力のレーザーポインターをフルに利用してください

高出力のレーザーポインターをフルに利用してください

レーザー技術の急速な発展とより強力な出力と変化に伴い、超高出力レーザーポインターを十分に利用することは特殊なことを意味します。高出力について話している時、私たちの本当の意味は200 mW以上で、最高5,000 mWまたは5 Wに達するということです。これはかなり驚くべき範囲ですので、それぞれの力を利用する方法があります。ここでは一番重要なのを見てみます。

電池をできるだけ充電してください。

持続的に強いビームの最大要因の一つは電池寿命と充電である。1000mWの緑色レーザーポインター おすすめは電源、電池の電気量が低い、あるいはほぼ空の時に、18マイル以上を発光し、部屋の反対側から黒い風船などを燃やすことができます。使用前にバッテリーを充電するのが理想的な解決策です。また、手持ちのバッテリーのセットもオプションです。今使っているバッテリーがなくなったら、新しい電池に切り替えて、ビームを強くして明るくします。

ピントを合わせる

今はすべてのレーザがビームを集束または拡大できるわけではないが、今は多くのことができる。なぜビーム調整がこんなに価値があるのですか?ビーム制御がもっと多くて、必要に応じてp目的の幅と強度を変更できます。例えば、燃焼レーザーポインターとしてこの装置を使用する予定であれば、ビームをできるだけ集中して細分化したいと思います。これは熱と光の強さを増加させ、マッチや風船の爆破などに効果的に使われます。

レーザーポインター高出力輸入

常にレーザー安全ゴーグルを使って燃焼します。

レーザーが強くなるにつれて、直接または潜在的な目の露出においても、ユーザおよび観客により大きなリスクをもたらします。そのため、この可能性をなくすためには、燃焼実験や室内での超高出力レーザーポインターの使用には、適切な安全メガネを着用することが重要である。「しかし屋外での照準は私自身から遠いですか?」というのはよくある問題です。レーザーを操作する時はいつでもレーザーゴーグルを使うのはいい考えですが、屋外では観客がいない場合は自分の照準から遠く離れることが重要ではありません。反射板の表面を確認し、風船の爆破やマッチの点火などの作業には常にゴーグルを着用する。

今のレーザーポインターの技術とすべての進歩を十分に利用するということは、簡単な予防措置を実行するだけで、より大きな暴露リスクに直面するということではありません。一般的な方法を使用します。飛行機、車両、または個人を狙ってはいけません。また、室内で超高出力 レーザーポインターを使用したり、燃焼実験を行う時は常に安全ゴーグルを着用します。

2004~2021 lasernoble.com. All rights reserved.
【厳選おススメ 100%正規品保証!】【最安挑戦&全品送料無料!】【安心の1年間保証付き!】
【どうみてもお得過ぎるこの機会をお見逃しなく!】